Macでdateコマンドが違う件について

MacはBSD Unixベースらしく、GUN Linuxのコマンドと若干差位がある。
なので GNU系のコマンドをMacに入れちゃいますかという話。
正直、date と xargs ぐらいしか今のところ気づいていないのですが、、、

一応違いを載せておくと、、、

BSD系のdateコマンド

# 1日前
date -v-1d

GNU系のdateコマンド

# 1日前
date -d ‘-1 day’

で、本題のGNU系のコマンドをMacにインストールするには

brew install coreutils

を実行すればいい。
これでdateコマンドが変わるはずと思ったらインストールしたコマンドには接頭辞として”g”が付くのでエイリアスで別名定義をする必要がある (gdate みたいな)
なので .bashrc ファイルにエイリアスを定義します。

# 私の環境の場合
alias date=’/usr/local/bin/gdate’

これで GNU系のdateコマンドが利用できるようになる

Related post

  1. TinyMCE

    TinyMCEを使おう

  2. 暗号化技術について【共通鍵暗号方式】

  3. Android Studio 続き

  4. Android Studioでエミュレータ!その1

  5. WSL2

    WSL2を使用してDocker環境を構築する方法

  6. Android Studio 2.1.1 実機(Nexus7)とつなぐ…